肌に潤いが欲しい。出来れば食べ物で。
肌に潤いが欲しいなと、乾燥する季節になるといつも思います。そう思ったらスキンケアを頑張るのですが、どうしても間に合いません。

そこでふと、体内に直接入れる食べ物で肌に潤いを持たせられないのかなと考え出しました。

そうしたらお手軽ですし、スキンケアが小恥ずかしくて出来なくても肌に潤いが手に入ります。

でも食べ物で、内側から肌に潤いって出せるものなのでしょうか?どんな食べ物ならいいのでしょう。

肌に潤いを与える食べ物9つ!

肌に潤いを与える食べ物には、以下のようなものがあります。
・緑黄色野菜
・乳製品
・はちみつ
・納豆
・ナッツ
・フルーツ
・サーモン
・たまご
・ゼラチン

肌に潤いを与える栄養素といえば?

肌に潤いを与える食べ物には、以下のような栄養素が含まれています。

カロテン

緑黄色野菜などに含まれています。肌の機能を、外部の攻撃から守ってくれる力があります。

脂質

ナッツ類、乳製品などに含まれています。保湿成分です。

ビタミンA

緑黄色野菜などに含まれています。肌の働きを助け、正常に保つ役割があります。

ビタミンB

ナッツ類、フルーツ、緑黄色野菜などに含まれています。肌の健康にも大切です。

ビタミンC

美肌成分として有名なビタミンCはかんきつ類だけではなく、その他のフルーツや緑黄色野菜などにも含まれています。

ビタミンE

ナッツ類、緑黄色野菜、納豆などに含まれています。保湿にいい成分です。

セラミド

乳製品、納豆などに含まれています。保湿成分です。

ポリグルタミン酸

納豆などに含まれています。これはヒアルロン酸の10倍もの保水力を持っているので、高い保湿効果が期待されます。

ムチン

主にネバネバ、ぬるぬるする食材に含まれています。肌細胞の水分量を保つのに不可欠です。

EPA

かつおやいわし、サーモンなどの魚に含まれていて、保湿効果があります。

DHA

イワシやサバなどの青魚やサーモンなどに含まれていて、保湿効果があります。

アスタキサンチン

サーモンやカニ、エビなどの主に赤い魚介類に多く含まれていて、高い保湿効果があります。

たんぱく質

納豆、たまごなどに含まれています。

アミノ酸

たまごに特に多く含まれています。コラーゲンを生成してくれます。

ゼラチン

魚や肉の、主に皮の部分などに含まれています。保湿効果をアップさせてくれる働きがあります。

食べ物で潤う肌を作ろう

肌はターンオーバーを繰り返しています。ターンオーバーとは古い肌細胞を新しい肌細胞と入れ替えることです。

その新しい肌細胞が元々カラカラに乾燥していたり、水分を受け付けない状態ですと、スキンケアしてもあまり効果がないんです。

つまり、ここで紹介した食べ物を食べてすぐ潤った肌が手に入るわけではなくて、ターンオーバー後の肌に変化が出るんです。

すぐに効果が出たら、みんな食べていますよ。常識感覚で。

体を作るものといえばたんぱく質ですよね。たんぱく質は肉や魚、たまごに大豆、乳製品に多く含まれているそうです。

これらをうまく組み合わせたら飽きそうにありませんし、健康的な潤い肌を手に入れられそうですよね。

夜のスキンケア方法と違う?朝のスキンケア4つのステップ!