シミやシワ、ニキビ、肌荒れなど、肌への悩みは尽きません。

美肌に効果的なスキンケア方法の多くは夜が重要と言われていたり、夜のスキンケア方法が多く紹介されています。

では、朝のスキンケア方法はどうなのでしょうか?

夜と同じケアをする出来なのか、簡単に済ませていいものなのわかりません。

今回は、朝のスキンケア方法についてまとめてみました!

ぜひ参考にしてみて下さい。

朝のスキンケアも念入りに!

夜のスキンケアでしっかりパックしたし、ナイトクリーム塗ったし・・・と、朝のスキンケアは簡単に済ませてもいいやと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、朝の肌は、寝てる間に水分が蒸発して潤いが不足しています。

そのため、朝もしっかりスキンケアをすることが肌の為には大切なのです。

また、朝念入りにスキンケアをすることで、化粧ノリがよくなり、日中の化粧崩れを防いだり、乾燥から肌を守ることができます。

では、具体的には、どのようなスキンケアをするのがいいのでしょうか?

基本的な朝のスキンケア方法を4つのステップでご紹介します。

朝のスキンケア① 洗顔

まずは、洗顔で汚れを取り除きます。

夜に十分スキンケアを行っていても、寝ている間に分泌された皮脂やほこりが顔に付着しており、実は朝の顔は自分で思っている以上に汚れているのです。

この汚れをきれいに落としてあげましょう。

ポイントとしては、同じく顔を洗う手も汚れているので、まずは手を洗いましょう。

そして肌に刺激をあたえないようにしっかりと洗顔料の泡を立て、優しく泡で洗います。

そしてぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。

朝のスキンケア② 化粧水

次に、化粧水です。

洗顔後の肌が乾燥しないようにすぐに化粧水を塗りましょう。

化粧水は、肌の角質層に水分をあたえ肌を整えます。

潤いを与える大切な役割なので、たっぷりと手を使って肌になじませるようにしましょう。

しっかりとなじませることで、この後に使う乳液や美容液などの浸透もしやすくなります。

朝のスキンケア③ 乳液またはクリーム

化粧水でたっぷり肌に潤いをあたえたら、水分を逃がさないために蓋をする役割の乳液やクリームを塗りましょう。

乳液やクリームは油分を含んでいるので、塗りすぎないように注意しましょう。

化粧してもテカリが気になってしまうことがあります。

皮脂が多く出やすいおでこから鼻のTゾーンは控えめに、乾燥しやすい頬などにしっかり塗るといいでしょう。

スキンケアのクリームとしては珠肌ランシェルを使うのも一つの方法です。

朝のスキンケア④ UVケア

最後に重要なのは、日焼け止めなどを塗ってUVケアをしっかりとすることです。

冬や天気の悪い日などは油断しがちですが、1年中紫外線はあります。

紫外線は、シミやシワの大きな原因であり、しっかりと紫外線をカットする必要があります。

日焼け止めやUVカットできる化粧下地は毎日使用しましょう。

朝のスキンケアで美肌になろう!

基本的な朝のスキンケア方法、4つのステップをご紹介しました。

①洗顔

②化粧水

③乳液またはクリーム

④UVケア

朝は忙しいからと言い訳せずに、基本の4つのステップでしっかりスキンケアを行い、美肌を手に入れましょう!